中日の中村紀洋内野手が1軍公式戦に出場できる支配下選手契約を結んだ

2007年新モデル!SSK スーパープロシリーズ 立浪モデル SPP703:軟式
 中日の中村紀洋内野手(33)が23日、1軍公式戦に出場できる支配下選手契約を結んだ。年俸は育成選手契約の400万円から200万円増の600万円(金額は推定)。背番号も「205」から「99」になった。未使用の背番号からプロ1年目の「66」を逆さにした数字を選んだ。中村紀は「この日が来るのを期待していた。本当に感謝の気持ちでいっぱい。

お金じゃなく本当に野球ができることを素直に喜んでいます」としみじみと語った。
 オープン戦9試合に出場し、打率1割5分4厘ながら2本塁打が評価された。テスト生として参加した春季キャンプ以降について「ドラゴンズの一員になることだけを考えてやってきた」と振り返り、30日の開幕に向けて「1軍登録されるよう頑張ります」と語った。
 会見に同席した井手峻取締役編成担当は「素晴らしい補強になった。日本一を目指して頑張ってほしい」と期待した。【武藤佳正】
(引用 yahooニュース)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。