2日のロンドン株式市場の株価は、通信関連銘柄主導で反発

ピアノソロ emotional & relaxing 「image 6(six)」
 【ロンドン2日時事】週明け2日のロンドン株式市場の株価は、通信関連銘柄主導で反発、FT100種平均株価指数は、前週末終値比7.5ポイント高の6315.5で引けた。
 米通信大手のAT&Tとメキシコの携帯電話サービス会社アメリカ・モビルが、イタリア通信大手テレコム・イタリアの親会社買収に向けた交渉を進めていると報じられたことを受け、同業のBTやケーブル・アンド・ワイヤレス(C&W)が大幅高に上昇した。

一方で、原油相場の下落を映して石油株は軟調だった。
 個別銘柄では、BTが6.25ペンス高の310.00ペンス小売りのテスコが4.75ペンス高の449.00ペンス。(了)
(引用 yahooニュース)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。