水生植物最新情報・・・オリンピック公園、人工湿地で水を浄化

ポイントアフター パーフェクト除毛セット【バーゲン1009】


新華社北京:北京市「2008工程」建設指揮部弁公室が先ごろ発表した、オリンピック関連工事における科学技術革新についてのハンドブックによると、オリンピック森林公園では先進の水質シミュレーション・管理システムとエコ温室システムを採用し、公園内の浄水資源を供給するという。

水質シミュレーション・管理システムでは人工湿地で水を浄化し、森林公園内の自然の生態系による環境保護機能を生かす。



中水がさまざまな水生植物を植えた温室を通過し、植物の根に中水の富栄養化物質を吸収させる。湿地内には高さの違う河床を作って水を上から下へ流し、曝気によって酸素を増やす。二度の浄化を経た中水は再び湿地の中の用水路を通り、ほぼ完全に浄化された水が公園内の湖に流される。オリンピック公園ではこのほか、水質シミュレーション予測警報システムを設置し、公園内の水質の変化をリアルタイムで観測する。

【翻訳編集:JCBB(F.Y)/G-SEARCH】





(引用 livedoorニュース)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。