第120回九州地区高校野球福岡大会

常葉菊川高校優勝おめでとう!北海道から直送の無添加おやつ★ラム&ライススティック
 ◇3位の筑陽学園も−−県大会は戸畑商優勝
 第120回九州地区高校野球福岡大会は2日、北九州市民球場で決勝戦と3位決定戦があった。南部・北部それぞれの優勝校が対戦した決勝は接戦の末、戸畑商が福工大城東を振り切った。
 戸畑商は1日に北九州市立高に名称を変更したが、旧校名が入ったユニホームで最後の試合に臨み、3季ぶり2回目の県大会優勝を飾った。
 両地区の準優勝校による3位決定戦は筑陽学園が戸畑に打ち勝った。上位3校とセンバツ出場の大牟田は、21日から大分県で開かれる九州大会に出場する。戸畑商は新校名で参加する。


………………………………………………………………………………………………………
 ▽決勝戦
福工大城東
  100031000=5
  13101000×=6
戸畑商
 (福)岡口、梅沢―宇都宮
 (戸)奥、森脇、小山―安岡
▽二塁打 大石(福)森近、安岡、千葉(戸)
 ▽3位決定戦
筑陽学園
  0007005=12
  0011000=2
戸畑
 (七回コールド)
 (筑)長岡―中園
 (戸)梅野、本多、原岡―楠木
▽本塁打 田中(筑)
▽三塁打 柴田(筑)
▽二塁打 稲員、青木(筑)林(戸)
〔福岡都市圏版〕...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

エース気遣い「夏」誓う−−岡田雅利捕手(3年)

大阪桐蔭中学校(18年度用)
 ◇エース気遣い「夏」誓う−−岡田雅利捕手(3年)
 「ナイスピッチング。これで最後じゃないから」。試合に負けた瞬間、涙ぐむ中田翔投手の肩をたたき、慰めた。
 身長171センチと小柄な体から矢のような送球。遠投120メートルはチーム一の強肩だ。昨夏の甲子園では、背番号「12」ながら2試合に先発出場。初戦の横浜(神奈川)戦では盗塁を刺し、勝利に貢献した。
 今大会、大阪桐蔭は5投手がベンチ入りし、4人が登板。

各投手の持ち味を引き出すリードに苦心した。この日も、本調子でないエース・中田投手の荒れ球を逆手に取って的を絞らせず、相手打線を中盤まで封じ込んだ。四回には強肩を発揮して相手の盗塁を二塁で刺し、エースを援護した。
 同点で迎えた八回には、先頭打者で打席に立つと、直球を右前にはじき返し、犠打で二塁へ。勝ち越しのチャンスを広げたが、後続が続かなかった。逆に、九回のピンチで投げさせたシュートが甘く入り、逆転打を許してしまった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

かつらボクサー判定で7連勝/ボクシング

マリー文具セット
<プロボクシング:スーパーフェザー級8回戦>◇3月31日◇東京・後楽園ホール
 「かつらボクサー」こと小口雅之(29=草加有沢)が、1分けを挟み7連勝を飾った。松本良一(25=KTT)に3−0で判定勝ち。2回に相手から舌を出す挑発を受けたが動じなかった。冷静にボディーを打ち、スタミナを奪って打ち合いを制した。
 THE虎舞竜のボーカル高橋ジョージがデザインした、黒いリーゼント風のかつらをつけて入場した。

リング上で外し、リングサイドで見守った恋人の亜紀さんに投げた。実際の髪は、後頭部が桜の花びらを模して刈り込まれていた。05年12月の試合中にかつらが外れる珍事以降、人気者になりパフォーマンスも板についた。「かつらはセンスを感じなかった。かつらの調子が悪いと、ボクシングの調子も悪い」と不満顔で、次戦はKO勝ちすると約束していた。通算戦績は13勝(3KO)4敗2分けとなった。

(引用 livedoorニュース)

インディカー・シリーズ2007年度シーズン、いよいよ開幕戦

Little 1
いよいよ始まるインディカー・シリーズ2007年度シーズン。開幕戦は今年もホームステッド-マイアミ・スピードウェイだが、今回からナイトレースになった。現地時間の3月23日正午(日本時間3月24日午前1時)にスタートするフリー走行から実戦突入だ! 予選は同日の午後8時45分(日本時間3月24日午前9時45分)から行われ、決勝は3月24日の午後8時(日本時間3月25日午前9時)から開催される。

合計20台がエントリーしているこのレース。

今年から100%エタノールに燃料が変わったが、これがどうレースに影響するかは注目したいところ。大方の予想ではペンスキー勢とガナッシ勢の優勝争いになるとみられているが、今年からはレギュレーションの変更で各チームの差が縮まっているとのことから、決してこの2チームだけが優勝候補ではない。ホームステッドで3勝をあげているサム・ホーニッシュJr.はここを得意としているが、ダン・ウェルドンもホームステッドでは目下2連勝中...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)
Little 1

中日の中村紀洋内野手が1軍公式戦に出場できる支配下選手契約を結んだ

2007年新モデル!SSK スーパープロシリーズ 立浪モデル SPP703:軟式
 中日の中村紀洋内野手(33)が23日、1軍公式戦に出場できる支配下選手契約を結んだ。年俸は育成選手契約の400万円から200万円増の600万円(金額は推定)。背番号も「205」から「99」になった。未使用の背番号からプロ1年目の「66」を逆さにした数字を選んだ。中村紀は「この日が来るのを期待していた。本当に感謝の気持ちでいっぱい。

お金じゃなく本当に野球ができることを素直に喜んでいます」としみじみと語った。
 オープン戦9試合に出場し、打率1割5分4厘ながら2本塁打が評価された。テスト生として参加した春季キャンプ以降について「ドラゴンズの一員になることだけを考えてやってきた」と振り返り、30日の開幕に向けて「1軍登録されるよう頑張ります」と語った。
 会見に同席した井手峻取締役編成担当は「素晴らしい補強になった。日本一を目指して頑張ってほしい」と期待した。【武藤佳正】
(引用 yahooニュース)

プロ野球オープン戦最新情報パ・リーグ,1回戦、西武5−2楽天

▼さあ、恋愛開始!プレイラーブ!【CK collection Tシャツ / ONE MAN SHOW デザイン】
 (パ・リーグ、西武5−2楽天、1回戦、西武1勝、24日、グッドウィルドーム)四回のリーファー&G.G.佐藤のアベック弾に続いて六回には和田がガツンと右中間へダメ押しソロ。オープン戦の勢いそのままに、負けない西武が白星発進で、逆風を押しのけた。

 「とにかく色々なことがあるけど、勝つしかないですから、ボクらは」 アーチショーを締めくくった和田は試合後も声を震わせた。

 裏金問題に揺れ、太田オーナー代行の謝罪で始まった開幕戦。

「開幕戦でああいうの(謝罪)はどうかと思ってたけど、逆にファンは温かい目で声援を送ってくれた」と感謝しきりだ。

 今季のスローガン『心をひとつに。力をひとつに。』のごとく、チーム一丸となった。右太もも裏肉離れで離脱中の選手会長・赤田は連日、プロ野球選手会に今後の対応を電話相談。22日夜の決起集会では、選手同士が焼き肉を食べながら意見を出し合った。

 今年から新設された選手会のファンサービス部を中心に、開幕セレモニーでの企画を発案...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。